次亜塩素酸とアルコールの違い

次亜塩素酸とアルコールの違い

一般的に手指の消毒に用いられる除菌成分に「アルコール」があります。

手を効果的にアルコールで消毒したければ、乾いた手にアルコールをたっぷり吹き付けて、軽くもみ込んで、手全体がしっとりと濡れた状態でしばらく放置する(自然に乾くのを待つ)のが望ましいとされています。

そこまでしたとしても、通常の石鹸による「ただの手洗い」の方が、はるかに効果的に手を除菌することが可能であり、アルコールによる消毒は、手洗いの後の補助的に使うのが望ましく、その性質は実は「次亜塩素酸」でも同じです。

「手洗い」に勝る手の除菌方法はなく、食品工場などでも、手をしっかりと通常の手洗い洗剤で洗った後に、電解水生成装置から出てくる次亜塩素酸水で二度目の手洗いを行って、最終的な除菌を行っているところがほとんどです。

アルコールは次亜塩素酸水と比べると、有機物などの汚れが残っていても、ある程度、除菌能力を発揮し、揮発性も高い(すぐ乾いてくれる)という点においては、スプレーで器具などを除菌する場合に、次亜塩素酸水よりは使いやすい面もあるでしょう。

ただその一方で、手や器具の消毒などに用いる「アルコール溶液」は非常に高価であり、手が濡れている状態で使うと効果が激減するので、一旦手を拭いて乾かしてから、さらにアルコールを噴霧して、二度も手を乾かすことになるので、乾燥による手荒れの原因になる場合もあります。

病院で注射をする際などに「アルコールでかぶれたことはありませんか?」と訊かれることがあるかと思いますが、アレルギー反応的に肌が荒れる方もいれば、手を何度も強制的に乾かすことによって、手荒れが起きてしまうこともあるのです。またアルコールによるスプレー除菌を、換気の悪い場所で広範囲で行うと、酔っぱらって気分が悪くなったり、アルコールの濃度が濃い場合は引火する危険性もあります。

その点、「次亜塩素酸を含む水溶液」はアルコールよりもはるかに少量かつ短時間で、対象物を除菌することが可能であり、空間に大量に噴霧をした場合においても、アルコールのような不快な刺激がほとんどなく、アレルギー的な反応を起こしたり、気分が悪くなるようなこともありません。

ただし、その一方で「次亜塩素酸を含む水溶液」は、スプレーした後にすぐ乾かない、対象物に有機物(油や皮脂)汚れがあると除菌能力が低下する、という弱点はありますが、それらの特性を理解した上で利用して頂ければ、安価で安全な、これ以上ない家庭の強い味方になってくれるのです。

御注文はコチラから