安全性や効果について

安全性や効果について

  • 次亜塩素酸とは?

    中性電解水「ジョキング35」に含まれる除菌成分「次亜塩素酸」とは、水道水などを除菌する際に用いられている「次亜塩素酸ナトリウム」とよく似た名前ですが、「次亜塩素酸ナトリウム」とは性質が大きく異なる塩素系化合物の一つです。水道水は「次亜塩素酸ナトリウム」によって除菌されており、飲むと塩素のような風味が鼻に残る場合があります。この水道水に含まれる塩素特有の匂いを「カルキ臭」と呼ばれ、時によって忌み嫌われますが、小学校などの学校給食施設などでは「塩素成分(カルキ)が残っていること」を毎日確認する作業があり、もし水道水の塩素が抜けていた場合は、給食の調理は中止となってしまいます。

  • 次亜塩素酸の安全性

    「次亜塩素酸を含む水溶液」は、主に電解水生成装置によって機械的に作られており、大手メーカーを含む、様々な企業から電解水の生成装置が販売されています(非常に高価です)「次亜塩素酸を含む水溶液」のことを、一般的に「次亜塩素酸水」と呼んでおりますが、微酸性の「次亜塩素酸水」の生成器から、強酸性の「次亜塩素酸水」の生成器まであって、その用途は様々であり、一般的には酸性度が高い方が、短時間で対象物を除菌することが可能とされています。単に「次亜塩素酸水」と言うと、微酸性以上の液体のことになりますので、ここでは便宜的に「次亜塩素酸を含む水溶液」と呼ばせて頂きますが、この「次亜塩素酸を含む水溶液」を化学的に生成するためには、「塩素原子」を含む化合物を用意する必要があります。

  • 次亜塩素酸とアルコールの違い

    一般的に手指の消毒に用いられる除菌成分に「アルコール」があります。手を効果的にアルコールで消毒したければ、乾いた手にアルコールをたっぷり吹き付けて、軽くもみ込んで、手全体がしっとりと濡れた状態でしばらく放置する(自然に乾くのを待つ)のが望ましいとされています。そこまでしたとしても、通常の石鹸による「ただの手洗い」の方が、はるかに効果的に手を除菌することが可能であり、アルコールによる消毒は、手洗いの後の補助的に使うのが望ましく、その性質は実は「次亜塩素酸」でも同じです。

  • 次亜塩素酸と次亜塩素酸Naの違い

    食品業界で「次亜塩(じあえん)」と言うと、数年前までは「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」のことを差していました。漂白剤やカビ取剤などの主成分ですが、これらはスーパーなどにも普通に売られており、主にキッチンにあるまな板やふきんなどの消毒・漂白に幅広く使われています。今、世間で話題になっている「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」は、性質が大きく異なっているのですが、名前がそっくりで分かりにくい為、よく混同されがちです。「次亜塩素酸水」は以前はよく「電解水」と呼ばれていましたが、最近は「次亜塩素酸水」という呼び方が一般にも広がるようになった為、「じあえん」とだけ聞くと、どっちのことを言っているのかよく分からなくなってしまいます。

御注文はコチラから